やっっっっっと見た。

円盤特別配信?

(コード無くしてて、さっき見つけたノデ←薄い茶封筒に入ってて紛失☆

若人達がそれぞれ気遣いながらお話してて、美しいなーと思いつつ。

個人的には、如水サンと気づいてたかどうかを明確にしたくない的な発言が、次回をちょーぜつ!!楽しみにしてますー!!!って思いましt

(こなみかん。

(次回があるといいねっつーか、見れるといいね!

 

ヒメイをあげてキゼツする。

↑そういえば転載してなかったなーって。

今つくってる動画の途中。

できあがるかどうかは神の味噌汁。←億年前の使用例。

この二振は、うえすぎでくろとしろで保護者的でガタイもなんとなく似てるーという。

きのなに。

なにたべ???

ウチノサンが超絶かわゆかったです。

以上。←

*************

いやー…ひゃくまんねんまえ、よしながせんせぇの単行本当時全部持ってて同人誌(せーよーこっとー)通販したりしてt←

(なんかたぶん、当時はまだ友人のサークルの留守番とかやってて、ついでに買ってたような…なんか最後の?みつぐれ総集編まで買って読んだ。←スラダン原作は読んだけどBLはあまし興味なかtt

(なんか当時の?二次BLって、刹那系が多かったですねぇ…って、今もなのかな…。←とにかく読んでない。

(ぁーでも、オリジナルでえみくりの突然最終回はほわほわBLだったので、そうゆう流れもあったっちゃーあったなーというか。←ところどころ齧っている。

で、この作品はもう途中までしか追えてないんですが。

テレビドラマをネットで視聴して、ケンジさんがめっちゃかわゆいなーとは思っていて。

(原作ではシロさんにめちゃくちゃ共感していた。節約と調理で。←でもあそこまで凝らない。あのひと調理がある意味、娯楽だわ。

原作ではケンジさん、何とも思ってなかったというか。それが、ウチノサンすごいなーって思って。

(見たことあるのは、さななまるのイエヤスさんと、とーらぶのCMだけなんですけd←ちょー限定的。

***********

ってことで、きのたべは全然性行為的?描写が皆無なのもあって、安心?して観てきましたー。

ほのぼのしてた。

(キスもなかった!←壮大なネタバレ???

テレビドラマのほうは、本当にアッサリしまくってたんですけど、映画はちょっとイチャイチャしてましたねー。

何をみせられているんだろう(誉め言葉)と、遠い目をしつつ?

本当に、ケンジさんがカワイイ。

あれだけ中年男性!って感じの外見なのに、めちゃくちゃかわいい…。

いわゆる?恋人の前のテンション高いおばちゃん的な言動なんだけども、違和感を感じるどころか可愛かったというか、終始、可愛いなーって思いながら見てました。カワイイ。

(シロさんのがめついとことか、ケンジさんのだらしないとことか、マイナス部分があんまし出てなかった感。

シロさんの誕生日祝いに、いつもはラフな格好のケンジさんが、ビシッとスーツで決めてて。

シロさんと二人で並んで歩くんだけど、やっぱし二人ともすげぇスタイル良くて、こんなカッコイイ中年男性は割と存在しないぞ…とか思いました。こなみかn

お花見でシロさんが「二人(年老いた両親)の葬式は俺が出す」キリッ☆ってゆってて、コレ、昔世代には大感動セリフなんだろうなー。

ぁー、古き良き時代のエエトコの長男だなーとか。

何を見に行ってきたんだろう。←料理ではないらしい?

ケンジサンのかわゆさにやられて帰ってきました。

もえよけん!

太古の昔、しばりょの民だったんです。←理由。

(でも全然読んでないんだけどな。←

もえよは、ちゅーがくせー時に同級生が「おきたくんがかっこいいのー!」って叫んでて、へぇーって感じでしたが、その百万年後に読んで土方さんに大ハマりするという。←その千万年後ぎんたまに大ハマりしたという。

なんか、昔の自分を再確認しにいった感。

そして「こういうキャラ←?好きだったワタシ、若かったんやな…」って遠い目をするまでがワンセットです。ふっふー。

(ツイで検索してたんだけど、おきたくん役の子のファンのひとが方言から人物から何から「わからなかった」ゆうてて、そらそうやろうなー…。

(ワタシも、ほぼ内容は忘れ切ってたんですが、それでも幕末は、過去に大河・小説(しばりょ)あたりで履修しまくってるからだいたいわかるだけだもんなー。

綺麗に実写で視覚に訴えられて、楽しかったです。←感想。

お城や仏閣がこれでもかと出てくるので、視覚が贅沢。

殺陣も良かったし(火花を散らしたり、音も派手☆)、乗馬での突撃もかっこよかったー。

(局長副長が、せごどんとかんべーちゃんだー!とか思いながら観てない←大河主役陣☆

個人的には、ウーマンむらもとさん(懐☆)の山崎さんが、あのものっそい早口でまくしたてるとこが割とあって爆笑してましt←池田屋潜入捜査という結構良い役。映ってなくても早口が聞こえてきて笑う。

カネスンをお店で買い求めるシーンや、堀川くんを使いながらフルネームで呼ぶトコ、菊一も印象的に使われていて「のりむねさん///」とときめくなど。←刀関係。

やっぱり暗殺シーンとかはこわいけども。

小説は全部脳内で完結されるので、本当に実写で視覚化されるのは良かったです。これがハマッた頃に観られたら、気絶してたんだろうな(苦笑。

 

移行しましたー!

ニコニコのほうのブログ(2016年ぐらいが最後の記事/25記事ぐらい)を、こちらに移行しました。

(なんか今日で終了らしいのd

たぶん、2016年2月の破壊MMEのカンタン説明記事が一番有用で、他はとくにアレです。

すごいねー。今日思い立って、スグにカンタンな説明にたどりついて、カンタンにちょっと作業したら、スグに移行できるもんなんだねー。

(記事も画像も少なかったからNE☆

こちらのブログと記事タイトルかぶってたりするんですけど、まぁもう昔の記事だし、そこまでさかのぼる人も(というかこのブログを読む人が既にw)そういないだろうということで、インポートしてまた放置でございます。

************

それにしても、コミュ開設から10年経ってた!

(動画登録時にくっつけてるだけの現在。

(でもまぁ、プレ会員じゃないとブログすら書けないんじゃ、そりゃーねぇ…とも思いましtこなみn